東武東上線 柳瀬川駅 徒歩1分 ぺあもーる内 -柳瀬川動物病院

柳瀬川動物病院ブログ

顎が外れちゃって

人間で言えば80歳をとうに過ぎたご高齢のねこちゃんです。腎不全があるのですが、お父様がご自宅で皮下点滴をなさっているので、無事新しい年を迎えて穏やかな三が日を過ごされたと聞いていました。

ところが、先週・・・
何のはずみか衝撃か、突然、顎が外れてしまって口が閉まらなくなってしまいました。よだれが止まらなくなって、お水は飲めないし、ご飯は食べられないしで、あっという間に脱水・体重減少。病院にいらしたときは、既にぐったりしていました。

(途中の細かい話は省略)

手術とか食道チューブとか色々、色々、本当に色々考えた末に、辿り着いたのがコレ。バンデージ。柔らかい包帯と絆創膏で顎を固定してみました。

結果は、二重丸v(^^)v
顎を閉じた状態でサポートしてみたら、よだれが止まって、顎も外れにくくなりました。少しずつですが、自分でご飯を食べようとし始めましたし、お水も飲めるようになりました。

今日はご自宅でもバンデージを外して過ごしてもらっています。

ご家族に可愛がられて15年近く生きてきたのに、顎が外れて、それがきっかけで弱っていっちゃうなんて、切ないですものね。これからも自分の口でご飯を食べて、可愛がられて生きていって欲しいものです。


Moe_1.jpg
正面から見ると、こんな感じ。

Moe_2.jpg
顎の下はたすき。首は絞めません(^^)

Moe_3.jpg
後ろから見ると、こんな感じ。

ワンタッチで着けられるようになるといいなぁ~。
そういえば、いつぞやのワールドカップの時の宮本選手(?)に似てる(笑)


アクセス

東武東上線 柳瀬川駅 サミット側へ徒歩1分
専門店街ぺあもーる内 入ってすぐ

柳瀬川動物病院 〒353-0006 埼玉県志木市館2-7-2

048-474-7008048-474-7008

診察時間

診察時間/10:00~20:00休診日/木曜・日曜

昼間の休診時間帯はありませんのでいつでもおこしください

祝日
予約制
17:00まで
  • 池獣医師のみ対応
  • 池獣医師・小川獣医師2人対応

※祝日は17:00までの予約制となります、お電話ください
※緊急手術・その他で外来をお待ちいただく場合もございます

右側ドアは猫ちゃんの脱走防止のため、内側から鍵が掛けられる猫用診察室です

ページのトップへ戻る